ウッドデッキで休日を楽しみたいならエクステリアに依頼

外構工事業者の選び方

千葉でエクステリア工事を依頼するときは外構専門業者の中から選ぶようにします。見積もりを複数の業者に依頼することが大切です。保証書やアフターサービスについて確かめておくようにします。満足するエクステリア工事を行うときは、依頼主の希望を聞いてデザインを提案する業者を選ぶようにしましょう。

外構工事の流れ

業者に依頼して横浜でエクステリアの工事をするとなった場合、作りたい庭のイメージと、庭を何に使うか目的を決めることから始めましょう。イメージと目的が決まったら予算の目安を立てて、予算に合わせて使用する資材やデザインを決めていきます。

住宅の外構を充実させたい

大阪のような大きな都市の戸建て住宅の場合、エクステリアを充実させるには、業者選びをしっかりとすることが大事です。特に、オープン外構を得意とする業者に頼むのがお勧めです。各社の過去の作品をよく調べ、いくつかの候補を絞った後、見積とプラン案を出してもらいましょう。

室内の延長空間を楽しもう

ウッドデッキ

木材の特徴を考えて選ぶ

ウッドデッキとは木材で作られた甲板のことで、リビングルームの延長として楽しむことができるため人気があります。椅子やテーブルを設置してアウトドア感覚でバーベキューなどを楽しむことができ、洋風住宅に多く見られるのが特徴です。ウッドデッキは天然木や樹脂製などの素材で作成されます。天然木は独特の風合いが魅力ですが、経年変化による劣化は避けられません。そのため、定期的に塗り替えやシロアリ対策などによるメンテナンスを行なっておくことで長く維持させることができるのです。木粉とプラスチックを混ぜて作られている樹脂製のウッドデッキは、腐食に強く、塗り直しなどのメンテナンスに手間がかからないのが魅力です。近年のDIY人気により、ウッドデッキを自作する方も増え、ホームセンターでは自作キットも販売されています。しかし、安全できれいなウッドデッキを設置するためには、きちんとした施工業者に依頼するのがポイントです。まず、複数社の施工業者に見積もりを依頼しますが、その際ウッドデッキ専門の業者から選ぶようにしましょう。専門業者ならば保証期間が長く、アフターサービスがしっかりしている場合が多いです。ウッドデッキの費用はデッキの大きさや、使用する木材、設置する環境によって変わってきますが、10万円〜30万円程度が相場です。雨風にさらされるウッドデッキは、耐久性、防腐性に優れた木材を選ぶ必要があるので、耐久性のある木材ほど費用は高くなっていきます。